笑楽日塾の事件簿blog

笑楽日塾の事件簿

就労からリタイアした、又はリタイア間近な男性に読んでいただき、リタイア後も家にこもりきりにならないで社会と繋がりを持つための参考にしていただけたら嬉しく思います。

シニアの風

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑮

毎年、花が咲くことや季節によって吹く風が違うことを、大人になると当たり前と捉えてしまいがち、青空や夕焼けも綺麗だと感じる日常の1つにすぎない。でもそこには自然の大きな力が働いていて、そう思って観ると、美しいものが実は自分の周

「笑楽日塾だより」シニアの風⑭

8月15日ご先祖様に挨拶しに車で1時間弱の実家へ行くべきか悶々として、実家へ電話したら、「何もないけど、今年も仏様を迎える準備をするから来ても良いよ」と。 実家へ行く前に、インターチエンジ近くの91才の姉の家へ寄った。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑬

せっかく、親から生まれてこの地球という素晴らしい水の惑星で自分の人生を磨くために生かされ、生まれてきたのにもったいないと思いますが、この頃は親が自分の身勝手で子供を置き去りにしてパチンコや旅行にいったり、虐待したりと昨今の子

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑫

古関作品のなかに「ひるのいこい」NHKラジオ番組のテーマ曲がある。小さいころからよく聞いたテーマ曲。この曲を聴くと思い出すのは、幼少の頃の実家の風景だ。農家だった実家で昼ご飯を終え、ラジオを聴きながら昼寝をする親の姿だ。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑪

数年前よりNetworkの活用については各メディアで広報されていましたが、最近特に目に触れることが多くなった気がします。PC、Mobile、IT、AI、Web、ICT、4G、5G、Teleworkと毎日のようにこの文字が目につきます。

三学院の舎利殿

昭和17年12月、大日本帝国軍が南京を占領し、稲荷神社建立の為、小高い丘を整地した。その時、土の中から石棺が出てきた。駐屯していた高森部隊長の指揮で専門家に鑑定を依頼したところ、玄奘三蔵法師の霊骨と副葬品であることが判明した。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑩

小学校4年に始めた「算盤」。父親のスパルタのお陰(笑)か約2年で上級者になった。毎日毎日、算盤で「百六十五」を引く。これが上達の近道だ。(あくまでも父の個人的な見解)指を使う事の重要性も感じられる。(長生きの秘訣の一つかも)

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑩

1941年(昭和16)開戦の大東亜戦争(日本が閣議決定したものをGHQが太平洋戦争と改称)は、最終的に東京や各地での空襲、沖縄の地上戦、広島・長崎の原爆投下と悲惨な結果を招いた。特に「大東亜共栄圏構想」のもとに、東南アジア諸国への戦線

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑨

厚生労働省のHPには『認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます』と書かれています。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑧

今、ノーベル賞に輝く研究は何十年も前のもので、研究費が大学から比較的潤沢に支給され研究結果がどうなるか分からないことに自由に取り組めた時代*の成果である。現在、大学は予算がどんどん減額、そういう意味でJSTによる科研費の担う役割

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑦

我が国を見ても東日本大震災の復興のため原発は稼働しておらず旧型の火力発電をフル稼働させて復興を進めてきたという現実があります。水力発電、地熱発電、太陽光発電、風力発電で本当に賄えるのか、私には正しい計算が出来ません。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑥

シニアが老後に安心して楽しく暮らすには、健康、お金、そして生きがいが必要です。シニアになってからの楽しみは、現役世代のような結果や酬いではなく、自分らしい生きがいとなるものを探し、他人の笑顔、おいしい空気、仲間とのおいしいお酒や会話、楽し…

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風⑤

30階を超えるマンションが幾棟も建設中かと思えば、建設途中で工事中止になった工事現場も目についた。通りには、高級な日本車が溢れている。車両の脇を列をなしオートバイ群が走り、またその脇を、南国の果物を売り歩くリヤカーが行く。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風④

私とハーモニカとの出合いは、中学生の頃近所のお兄さんが「里の秋」や「ふるさと」等を吹いており、親父にねだって1本買ってもらい嬉しくて小躍りしたが1年位弄遊んだが、それっきり。さて、70歳を過ぎて良い師範にも出合い

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風③

司馬遼太郎の短編『馬上少年過ぐ』で効果的に引用されている漢詩「馬上少年過 世平白髪多 残躯天所赦 不楽是如何」。これの代表的な訳、「略:老後くらい好きに楽しまないでどうするのだ。天もきっとお許しになるだろう」を知って尚更の想いになりました。

会報誌「笑楽日塾だより」シニアの風②

「1日に男性は6回、女性は3回のウソをついている」という結果が出たとか。また、生後6カ月の赤ちゃんにも「欺瞞行為がみられる」ことが分かっているとか。人間は老若男女問わず嘘をつくもののようです。騙す側にはなりたくもないが騙される側にもなりたくは…

会報誌「笑楽日塾だより」 シニアの風①

60代~70の男性6人とガイド1人、それに女性1人の8名でヨーロッパ最大のフランス、トロワヴァレースキーに行ってきた。この時期はフランスでは長期のバカンスがあり、スキー場は親子連れで大混雑。「あれがモンブランだよ!」雄大な山々に囲まれたゲ…

span.author.vcard{ display:none; }